プロジェクト・フロレアナ

プロジェクト・フロレアナ

ガラパゴス諸島のフロレアナ島という島を丸ごと保全しようという長期的かつ壮大な保全プロジェクト

 

地元保全チームの若者達

JAGAが支援する「プロジェクト・フロレアナ」は、ガラパゴス諸島のフロレアナ島という島を丸ごと保全しようという長期的かつ壮大な保全プロジェクトです。

 

フロレアナ島では今、人間の入植に伴う外来種等の影響で、本来の生態系が失われようとしています。

このプロジェクトでは、人間が入植する前の、この島独自の生態系を回復させ、ダーウィンが約170年前にこの島を訪れたときに見たゾウガメやマネシツグミなどのこの島固有の生物を再導入し、生態系を安定して維持することを目的としています。

 

このプロジェクトの大きな特徴は、地域社会の理解を得ること、そして島民を保全に巻き込み、島民にとっての利益や要求を保全と融合させようとしている点です。

これにより、持続可能な島の発展・維持、つまり自然と人がお互い利益を得ながら共生する社会の構築を見込んでいます。

 

さらには、この小さく人口の少ない島を保全することで、面積が広く人口の多い島の保全へのモデルケースとすることも想定されています。

 

 

基礎情報:フロレアナ島について

諸島の南に位置し、諸島の中では小さい島(しかし日本の宮古島より一回り大きい)

人口は107人(2006年)

諸島の中で最も早くから人間の入植が進み、これによってもたらされた家畜や農作物などの外来種が、固有の生態系に大きな影響を与えている。

外来種の影響により、既にこの島固有のゾウガメを始め、数種の生物が絶滅した

島民は、基本的には農業や漁業、観光業などで細々と生活している

 

ガラパゴス諸島全体地図:フロレアナ島は中央南の島

 

 

基礎情報:ガラパゴス諸島が置かれている状況と、フロレアナ島保全の背景

これまでの諸島の保全活動は、ゾウガメやイグアナなどのある特定の生物種や生態系を保全する、自然のみに目を向けた活動でした。

 

しかし近年、諸島を訪れる観光客の増加に伴い、観光産業を当て込んだ移民が急増。

このため大陸〜諸島間の物資や人の往来が増え、これに伴う外来種の侵入が進んだ結果、固有の生態系が壊されようとしています。

外来種の侵入・固有生態系の破壊は、人が住む4つの島で顕著となっています。

外来の雑草を駆除する地元保全チーム

※これによって2007年には、ユネスコから、危機にさらされている世界遺産、すなわち「危機遺産」リストに名前が載せられました。

 

つまり、これまで特定の生物を保護することに主眼を置いていた保全が、人間そして地域社会の存在抜きには進まない状況になりました。

 

本土からの移民はすでに10年前に原則禁止されていますが、自然増により人口は増加。

観光については厳しいルールで管理されているものの、観光客数の抑制策は行われていません。

 

観光は、発展途上国であるエクアドルの要となる産業であり、また島民にとっては貴重な収入源でもあるため、安易に規制が行えない側面もあり、外来種の侵入は進むばかりというのが現状です。

在来種庭園のための種苗場を建設中

 

また過去に、保全のために漁業を規制したために、島民と保全機関との間で紛争が勃発し、大きな社会問題になったことがあり、地域社会と保全との関わり合いは、重要な課題でもありました。

 

これらのことを教訓・背景に計画されたプロジェクトが、このプロジェクト・フロレアナです。

稀少な自然の中で、それを壊すことなく人間が存在する、という「自然と人の共生」への挑戦は、ガラパゴスだけでなく、現在世界が抱える重要課題の一つであり、このプロジェクトの成果は、これらへの活動に資するものとなるでしょう。

 

 

プロジェクトの内容

 

1.島民へのアプローチ

島民の状況や要望を理解し、それに則したプロジェクトの進行を計画する。保全のための教育や雇用の可能性を探る。

 

2.基礎情報の収集と、保全優先順位の確立

外来種の侵入状況や絶滅危惧種の分布状況を正確に把握し、このデータに基づいた保全上の優先順位をつけることで、効率的かつ実効性ある保全を行う。

 

3.外来種の侵入・拡散防止

まずは島民や観光客の外来種対策への理解を深める。現在この島では行われていない検疫システムを確立する。

島民の住居にある既に侵入している外来植物は除き、在来種に植え替えるよう指導する(これにより島民への環境教育も行う)。

農業などにおける病原菌の拡散防止を指導する。

フロレアナマネシツグミ

 

4.外来種の駆除

生態系や固有生物に深刻な影響を与えているラットや野生化したネコを、コントロール(駆除・管理)する。

 

5.かつて生息していた生物の再導入

フロレアナマネシツグミは、この島固有の鳥類だが、この島にはもう生息しておらず、周辺の二つの小島に追いやられるように生息している。

また固有のゾウガメは絶滅しているが、生態系の頂点に位置するゾウガメの存在は必須であり、他の島からゾウガメを導入することを計画。

しかし再導入には、外来種により変貌した本来の生態系を回復させることが前提である。

 

6.禁漁区の設置

過去の過剰漁業により生態系のバランスが壊れた海域について試験的に禁漁区を設け、その有効性についてモニタリング調査を行う。

漁民の意識・社会調査も行う。

 

※プロジェクトの詳細資料をご希望の方は、JAGA事務局までご連絡ください。

 

 

大まかなスケジュール

主な活動 全体 マネシツグミ ゾウガメ 脊椎動物(外来種)コントロール 防疫改善 生物多様性のための優先エリア 禁漁区
2009年 資金集め 社会研究、職務訓練  放鳥前作業(放鳥試行の可能性を含む)    ラットのコントロール 庭園管理、教育キャンペーン    2ゾーンの3ヶ月の観察 
2010年  資金集め 職務訓練   再導入 ネコの駆除、ラットのコントロール 農業支援、教育キャンペーン 調査、地図作成 2ゾーンの3ヶ月の観察
2011年  資金集め  社会研究、職務訓練  30羽の放鳥と観察 再導入   ネコの駆除、ラットのコントロール  農業支援、教育キャンペーン  農業支援、教育キャンペーン  2ゾーンの3ヶ月の観察
2012年  資金集め  職務訓練 30羽の放鳥と観察 再導入 ラットのコントロール 農業支援、教育キャンペーン    2ゾーンの3ヶ月の観察
2013年   社会研究 30羽の放鳥と観察 再導入 ラットのコントロール 農業支援、教育キャンペーン   2ゾーンの3ヶ月の観察

 ※2014年以降も、活動は続けられています。

 

プロジェクトの実行体制

ガラパゴス諸島で保全活動を始めて50年の実績をもつ「チャールズ・ダーウィン財団」が運営するチャールズ・ダーウィン研究所と、エクアドル政府管轄のガラパゴス国立公園管理局が協働で行います。

 

 

支援体制

実行団体の一つであるチャールズ・ダーウィン財団は、その運営資金のほとんどを世界中からの善意の寄附によりまかなっています。

このプロジェクトには、今後5年間で日本円でおよそ1億7千万円の予算が組まれており、世界中から同財団への支援によって行われる予定です。

日本からは、同財団の日本窓口となっているJAGAの他に、日本経団連自然保護基金からの助成により支援が始まっているが、規模の大きさから、十分な資金が集まっていません。

JAGAに集められた寄附については、同財団の銀行口座に直接振込を行っています。

日本の個人、企業の皆さんの支援を、お待ちしています。

 

 

各担当者

現地助成金担当者

ダーウィン財団助成金担当Freda Chapmanさん

 

プロジェクト責任者

ダーウィン研究所科学部Rachel Atkinsonさん

 

JAGA担当者兼現地連絡担当


奥野玉紀

 

 

 

家電エコポイントによる当会への寄附(1ポイント=1円)のご報告

期間 件数 ポイント(金額)
2009年8月21日〜2010年2月18日 61件 40,127
2010年2月19日〜2010年8月19日 82件  76,634
2010年4月 全団体への均等配分 29,779
2010年8月20日〜2010年12月16日  40  156,774 
2010年12月17日〜2011年2月17日  34  218,109 
2011年2月18日〜2011年3月17日  24  143,385 
2011年3月18日〜2011年4月19日  16  101,117 
2011年4月 全団体への均等配分 265,141 
2011年4月20日~2011年6月20日  12  139,757 
2011年6月21日~2011年8月18日  9  31,755 
2011年8月19日~2012年2月16日  14  199,745 
2012年5月 全団体への均等配分 - 84,164
2012年2月17日〜2012年3月31日 10件 46,606
2012年9月 全団体への均等配分 - 4,745
計  302 

 1,537,838円

 

 

住宅(復興支援)エコポイントによる当会への寄附(1ポイント=1円)のご報告

期間 件数 ポイント(金額)
2010年2月21日~2010年8月19日 8件 999
2010年8月20日~2011年2月17日 14件  4,815
2011年4月 全団体への均等配分 25,960
2011年2月18日~2011年8月18日  13件  20,465
2011年8月19日~2012年2月16日  13件  15,939
2012年5月 全団体への均等配分 - 57,095
2012年2月17日〜2012年8月19日 14件 9,535
2013年8月20日〜2013年2月18日 14件 8,111
2013年4月 全団体への均等配分 - 38,639
2013年2月19日〜2013年8月20日 12件 3,040
2013年8月21日〜2014年2月19日 13件 3,527
2014年5月 全団体への均等配分 - 14,225
2014年9月   2,906
2015年3月   18,926
2015年4月 全体への均等配分   2,718
計  48件  226,900円

2010年度に、15,000ドル(1,238,974円)をプロジェクトを行っているチャールズ・ダーウィン研究所に送金しました。

2014年6月までに総計24,510ドル(約250万円)を、本プロジェクトを行っているチャールズ・ダーウィン財団に送金しました。

ご寄付頂いた皆様、ありがとうございました。今後も支援を続けます。

 

※グリーン家電エコポイントの環境寄附受付は2012年3月31日で終了しました。

住宅エコポイントの環境寄附受付は、2014年3月31日で終了しました。

復興支援・住宅エコポイントの環境寄附受付は、2015年1月31日で終了しました。

省エネ住宅ポイントの環境寄附(ポイントの交換申請)受付は、2016年1月15日で終了しました。

 

活動報告

レポート:プロジェクト・フロレアナ

 

2011年の報告

当会が支援する「プロジェクトフロレアナ」は、ガラパゴス諸島のフロレアナ島という島全体を保全するもので、2010年に、複数機関の支援と協働により始まりました。外来種により破壊された生態系を復元すると共に、居住する150人ほどの島民の保全への理解を深め、活動に参画してもらうことを目的としています。

科学的価値の高いガラパゴスでの保全活動は、科学者による綿密な生態系調査から始められます。今回寄附頂いた69,906円は、プロジェクトを開始するにあたり行った生物学的基礎調査に使わせて頂きました。研究者やボランティアの島間、島内の移動や滞在費、調査に必要な物資の購入費などの一部に充てました。

調査は、島の30の地点において、維管束植物、地衣類、コケ植物、ハ虫類、鳥類など、諸島固有、あるいはこの島固有の動植物の分布・生息数調査、そして島に侵入した外来種の植物や昆虫などの分布調査を中心に行われました。

 

2012年の報告

フロレアナ島固有の鳥類フロレアナ・マネシツグミは、現在では近くの小島にわずかに生息するのみです。本プロジェクトでは、この鳥のフロレアナ島への復帰が検討されており、今回は、小島での野外調査(生息数や採餌の場所・内容、営巣数や交尾の様子など)を行いました。鳥を捕獲し、タグを付け、体重と体長を測り、鳥痘の有無を調べました。

やクモ、ムカデなど、2月の繁殖期に低木の樹上などに22の巣を作ったこと、鳥痘はないことなどを確認しました。生息地は無人島で、調査はスタッフとボランティアで4回に渡り行ったため、調査に必要な島間のボートでの移動交通費、島での滞在費、調査に必要な機器・備品費などの一部を、皆様からの寄附で賄いました。また島民に対し、園芸用の外来植物の使用をやめ、在来種を使用して、外来種の移入を防ぐ環境教育活動も行い、配布資料費の一部としても使用しました。

 

2013年の報告

ガラパゴス諸島で最も入植の歴史の長いフロレアナ島では、入植に伴って侵入した外来種の生態系への影響が深刻です。この島には約150人の島民が住んでおり、人や物資の往来によって侵入する外来種を減らすため、導入が遅れていた検疫システムを構築しました。これには島民の協力が必要で、人材育成や環境教育も平行して行いました。島には1日平均60人の来訪者があり、観光客及び貨物に付着する外来種(主に種子や昆虫、細菌など)の検疫・防除を取り入れました。具体的には靴底の洗浄や殺菌、荷物や貨物の目視検査などです。また外来植物の侵入削減と、島民の子供たちへの啓発のため、小学校に在来種・固有種で構成されたおよそ100aの広さの庭(ネイティブ・ガーデン)を作りました。

皆さんから頂いた寄付は、検疫・外来種などの専門家の島間の移動費、そして在来植物の苗約300本の植樹、島内コミュニティの調査費の一部などに使わせて頂きました。

 

2014年の報告

外来動植物による生態系への影響について調査を行い、その結果に基づき、保全計画が作られました。フロレアナ島ではこれまで、ゾウガメを含む10の固有種が外来種の影響で絶滅したとされ、現在でもその被害は継続しています。調査では、外来植物のブラックベリーが、固有植物の生息域に侵入してニッチを奪っていたり、外来のラットが、ミズナギドリやマネシツグミなど固有鳥類の卵を食べて繁殖を妨げていたり、近年広がっている寄生性の外来ハエの幼虫が、フィンチなどのヒナに寄生して体を食べ、寄生された巣の中のヒナが全滅する、などの実態が明らかになりました。

皆さまから頂いた寄付は、調査を行った研究者やボランティアの渡航費(島間移動のスピードボート4往復分)や滞在費(島の民宿での宿泊費8日分)に使わせて頂きました。その後、この調査結果を踏まえた外来種の効果的な駆除管理方法が検討・計画(・一部は実行)されています。

プロジェクト・フロレアナの実績一覧

    [:]