【2007年7月24日〜29日】パネル展『ガラパゴスを守るために』  

【2007年7月24日〜29日】パネル展『ガラパゴスを守るために』  

(追記:2007年7月29日)
このイベントは終了しました。
期間中は、大変多くの皆さんにご来場いただき、ありがとうございました。この場をお借りして、心よりお礼申し上げます。

 

JICA地球ひろば:パネル展のご案内

2007年7月11日:JAGA

 

下記の通り、ガラパゴスのパネル展を行います。エクアドル大使館、当会理事の藤原幸一氏、会員の池内嘉正氏のご協力で約40枚の写真パネルが展示される予定です。皆さまお誘い合わせの上、是非ご来場下さい。

 


 

パネル展

『ガラパゴスの自然を守るために』


【日時】:2007年 7月24日(火)〜7月29日(日)

 

【会場】:JICA地球ひろば 1階 企画展示スペース(オープン)

      東京メトロ南北線「東大前」駅徒歩1分

      ≫JICA地球ひろばまでの地図はこちら

 

      開館時間:火-金;10-20時 土日;10-18時

 

【入場料】:無料 ※ご自由にご覧いただけます。

 

【主催】:特定非営利活動法人日本ガラパゴスの会

 

【協賛】:JICA地球ひろば (参照:JICA地球ひろばHP)

 

【協力】:エクアドル大使館、藤原幸一氏、池内嘉正氏

チャールズ・ダーウィンに「進化論」着想のヒントを与えたガラパゴス諸島は、人の影響を受けない進化のプロセスを目の当たりにできる、地上最後の「進化の実験室」でした。

 

その人類史的な価値の高さゆえに、1978年、世界自然遺産第1号に指定されたガラパゴス諸島ですが、30年後の現在、外来種問題や人口の急増、開発圧力の高まりなど、多くの問題に直面しています。

 

この展示では、日本ガラパゴスの会理事の写真家・藤原幸一氏と、会員の池内嘉正氏の写真パネルを通して、ガラパゴスの生き物をご紹介します。

 

同時に、ガラパゴスの抱える問題と、日本からの支援活動、当会が現在行おうとしているプロジェクトをご紹介します。

 

この展示を通じて、ガラパゴスの生態系の素晴らしさと、その保全のためには国際協力が必要であることをご理解いただき、ガラパゴス・サポーターが1人でも増えることを願っています。

 

【お問い合わせ】:

特定非営利活動法人 日本ガラパゴスの会(JAGA)

担当者:事務局 奥野 電話:070-6429-4770

E-mail: info●j-galapagos.org(●を@に変えて送信ください。)

 

 

【2007年7月24日〜29日】パネル展『ガラパゴスを守るために』  の実績一覧