【お知らせ】 2017年7月20日:【写真コンテスト2017】ガラパゴスと小笠原の写真を募集!


【ガラパゴスカレンダー写真コンテスト2017】

──ガラパゴスと小笠原の写真を募集します!──


JAGAでは、「ガラパゴスカレンダー写真コンテスト2017」を開催いたします。コンテストの優秀賞に選出された写真は、カレンダーに採用します!

来年2018年は、ガラパゴスを有するエクアドル共和国と日本が外交関係を樹立して100周年という節目の年を迎えます。

そこで、毎年制作している「ガラパゴスカレンダー」に、東洋のガラパゴスとも称される小笠原諸島の写真も採用し、手に取る方にガラパゴス諸島と小笠原諸島両方の魅力をお伝えし、興味や理解を深めていただくとともに、記念の年を日本とエクアドル双方で盛り上げたいと思います!

つきましては、ガラパゴスと小笠原、両方の写真を募集します。

コンテストの優秀賞作品については、原則、ガラパゴスの写真をカレンダー各月のメインの写真(A4サイズ)に、小笠原の写真を各月のサブの写真(4cm×5.5cm)に採用いたします。


このカレンダーは、収益がガラパゴスの保全活動への寄附となるチャリティカレンダーです。
たくさんの方のご応募をお待ちしています。

 【写真:ガラパゴスカレンダー2017の表紙に選ばれた写真(撮影:伴浩治さん)】
 ガラパゴス写真コンテスト表紙採用写真

 

【募集要項】

*コンテストの選考基準

⓪ガラパゴス諸島(海洋保護区を含む)あるいは小笠原諸島の中で撮られた写真であること

①オリジナルの写真であること(他者の著作権等を侵害していないこと)

②合成などの加工をしていないこと(トリミング等軽微な編集は可)

③構成がカレンダーに向いていること

④被写体がバラエティに富んでいること(人気動物ばかりでないこと)

⑤ガラパゴスの写真は、ガラパゴス国立公園のルールに則って撮影されたものであること
 小笠原の写真は、然るべき規則を守った上で撮影されたものであること 

 

〈選考について〉
応募写真の中から、JAGA役員とスタッフが12枚を「優秀賞」として選出します。その中から、JAGA会員の投票によって1枚を「最優秀賞」として選びます。「優秀賞」に選ばれた方には、副賞としてエクアドル産高級チョコレート、およびカレンダー(1部)を差し上げます。
この他に、各月のサブイメージとして12枚選出します(カレンダー1部を進呈します)。
優秀賞の発表は9月下旬、カレンダーの完成・賞品の発送は11月中を予定しています。

 

*応募について

① 応募作品数は、ガラパゴスと小笠原の写真、一人各5点までです。

② デジタル写真のみ受け付けます(紙の写真は受け付けません。)。

③ A4サイズの横長でカレンダーを制作するため、このサイズ(縦横比)に調整してください。(調整できない場合は、こちらで行います。)

④ 写真の推奨解像度は1400×2000ピクセル以上(推奨サイズ:2MB〜10MB)です。

⑤ ファイルのフォーマットはJPEG、ファイル名は、「GPC17【ローマ字で氏名】【1〜5(複数枚応募の場合)】.jpg」としてください。 例)「GPC17HanakoSuzuki1.jpg」

⑥ 応募の締切は、2017年8月10日(木)です。

 

〈応募方法〉

info@j-galapagos.org 宛に写真を添付して応募ください。1通のメールに1枚の写真を添付してください(5枚応募の場合は5通のメールに分ける)。

メールの標題には「GPC17:【ローマ字氏名】+複数枚応募する場合は、1〜5の数字」、メール本文には、氏名、連絡用メールアドレス、電話番号(携帯も可)を、また写真について、作品のタイトル、説明(あれば)、撮影場所・日時(可能な範囲で)をお書きください。
ご氏名を公表されたくない場合は、代わりになるニックネーム(英字)などをお知らせください。 

 

*応募した写真の取扱について

① 全ての応募写真は、当会の目的(ガラパゴスの保全および普及啓発)のために当会が使用することについて、撮影者から許可を与えられているものとします。

② 当会では、リサイズ、トリミング等、軽微な編集について行うことができるものとします。

③ 写真の著作権表記は、「ⒸJAGA/撮影者ローマ字氏名」となります。(便宜上著作権表記ができない場合があることをご了承ください。)

④ 撮影者の許可なく、第三者へ、写真およびそれに付随する個人情報を提供することはありません。

その他、ご質問、お問い合わせについては、こちらからお寄せ下さい。