Home » ガラパゴスってどんなところ? » ガラパゴス基本情報

ガラパゴス基本情報

ガラパゴス基本情報

ガラパゴス諸島は、南米大陸から約1000km西の太平洋上に浮かぶ群島です。

面積が10km2以上の島が13あり、それ以下の小島などを合わせた総面積は、7880km2余りになります。
これは沖 縄県の約3,5倍の広さで、東西・南北の島はそれぞれ約300km離れています。
また、ガラパゴス諸島をとりかこむガラパゴス海洋保護区は、面積が138,000km2の世界最大級の広さがあります。

諸島は、海底火山の噴火により5-6百万年前に誕生したとされています。
ホットスポットと呼ばれるマグマの吹き出し口が、諸島の北西の位置にあり、現在でも火山活動を行っています。
諸島の乗った海底のプレートは、年5-7cm南米大陸に向かって動いており、海底火山の噴火とプレートの移動によって、現在の群島が形成されたと言われています。

したがって、諸島南東の、大陸寄りの島が最も古い歴史を持ち(約500万年前形成)、ホットスポット近くの北西の島は、現在でも火山活動をおこなう新しい島(数万〜数十万年前の形成)となっています。
古 い島では風化・浸食が進み、比較的なだらかな地形となっている一方で、新しい島では、真っ黒な溶岩原の広がる、険峻な地形が多く見られます。
これは、諸島の中での、変化に富む環境を生み、生物がそれぞれの環境に適応して進化した要因の一つともなっています。

進化の実験室

海底火山の噴火によってできたガラパゴス諸島は、大陸と一度も陸続きになったことがないことから、生息している生物は何らかの方法で、大陸(あるいは大洋)からガラパゴスへ辿り着きました。
しかし、大陸との約1000kmという壁を乗り越えてやってこられたのは、風や鳥が種子を運ぶ植物や、乾燥に強いハ虫類、空を飛ぶことができる鳥類等、極限られた生物だけでした。

ガラパゴス上空は強い貿易風が大陸から太平洋に向かって吹いており、また、海では海流が大陸からガラパゴスに向かって流れているため、一度諸島に辿り着いた生物は元に戻れない、「隔離」された状態が作られました。
このような自然条件の下、辿り着くことができた生物が隔離された地で独特の環境に適応し、子孫を残したことにより、ガラパゴスにしかいない固有の生物が多数生息する「進化の実験室」とも呼ばれる地が誕生しました。

ガラパゴス歴史年表

1535年
スペイン人サントトマスデベルランガ、ガラパゴス諸島を発見
1832年
エクアドルがガラパゴスの領有を宣言する
1835年
英国の青年チャールズ・ダーウィンがビーグル号に乗ってガラ パゴスに到着
1845年
ダーウィン、「ビーグル号航海記」を出版
1859年
ダーウィン、「種の起源」を出版
1892年
エクアドル政府がガラパゴスの正式名称を「コロン諸島」とする
1900年代初頭
ガラパゴスへの人間の入植が本格的に始まる
1905-06年
カリフォルニア科学アカデミーが学術探検で1年間、調査標本採集を行う
1934年
ガラパゴス最初の動物保護法が制定される
1959年
エクアドルが、居住区を除くガラパゴス全域を国立公園に指定する
ユネスコ、国際自然保護連合(IUCN)などの援助により、ガラパゴスの保全を目的とした「チャールズ・ダーウィン財団」が設立される
1964年
チャールズ・ダーウィン財団が、現地にチャールズ・ダーウィン研究所を設置し、本格的な保全活動を始める
エクアドル政府とダーウィン財団の間で協定が結ばれる
1968年
エクアドル政府の自然保護官が業務を開始。後のガラパゴス国立公園管理局の基礎となる
1971年
ピンタ島で最後の生き残りのゾウガメを発見。ダーウィン研究所に保護され、「ロンサム・ジョージ」と名付けられる
1978年
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の、世界自然遺産第一号に指定される
1984年
ユネスコの生物圏保護区(MAB)に指定される
1998年
ガラパゴスの生物多様性や環境の保全を謳った「ガラパゴス特別法」制定される
2001年
ガラパゴスの周辺海域、ガラパゴス海洋保護区も世界自然遺産に登録される
2005年
《JAGA設立》
2007年
ユネスコ、諸島と海洋保護区を「危機遺産」リストに登録する
2009年
ダーウィン生誕200周年、種の起源発刊150周年、ダーウィン財団設立50周年の記念すべき年を迎える

【参照:「ガラパゴス諸島」伊藤秀三・2002年角川選書】

このページのTopへ