検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 1 - 5 / 5 件 (0.0062 秒). 検索条件の修正

1. ガラパゴスってどんなところ?
ガラパゴスってどんなところ? ガラパゴス基本情報 ガラパゴス諸島は、南米大陸から約1000km西の太平洋上に浮かぶ群島です。 面積が10km2以上の島が13あり、それ以下の小島などを合わせた総面積は、7880km2余りになります。これは沖縄県の約3,5倍の広さで、東西・南北の島はそれぞれ約300km離れています。 また、ガラパゴス諸島をとりかこむガラパゴス海洋保護区は、面積が138,000km2の世界最大級の広さがあります。 諸島は、海底火山の噴火により5-6百万年前に誕生したとされています。 ホットスポットと呼ばれるマグマの吹き出し口が、諸島の北西の位置にあり、現在でも火山活動を行っています。 諸島の乗った海底のプレートは、年5-7cm南米大陸に向かって動いており、海底火山の噴火とプレートの移動によって、現在の群島が形成されたと言われています。 したがって、諸島南東の、大陸寄りの島が最も古い歴史を持ち(約500万年前形成)、ホットスポット近くの北西の島は、現在でも火山活動をおこなう新しい島(数万?数十万年前の形成)となっています。古い島では風化・浸食が進み、比較的なだらかな地形となっている一方で、新しい島では、真っ黒な溶岩原の広がる、険峻な地形が多く見られます。これは、諸島の中での、変化に富む環境を生み、生物がそれぞれの環境に適応して進化した要因の一つともなっています。 進化の実験室 海底火山の噴火によってできたガラパゴス諸島は、大陸と一度も陸続きになったことがないことから、生息している生物は何らかの方法で、大陸(あるいは大洋)からガラパゴスへ辿り着きました。しかし、大陸との約1000kmという壁を乗り越えてやってこられたのは、風や鳥が種子を運ぶ植物や、乾燥に強いハ虫類、空を飛ぶことができる鳥類等、極限られた生物だけでした。 ガラパゴス上空は強い貿易風が大陸から太平洋に向かって吹いており、また、海では海流が大陸からガラパゴスに向かって流れているため、一度諸島に辿り着いた生物は元に戻れない、「隔離」された状態が作られました。 このような自然条件の下、辿り着くことができた生物が隔離された地で独特の環境に適応し、子孫を残したことにより、ガラパゴスにしかいない固有の生物が多数生息する「進化の実験室」とも呼ばれる地が誕生しました。 ガラパゴス歴史年表 1535年 スペイン人サントトマスデベルランガ、ガラパゴス諸島を発見 1832年 エクアドルがガラパゴスの領有を宣言する 1835年 英国の青年チャールズ・ダーウィンがビーグル号に乗ってガラ パゴスに到着 1845年 ダーウィン、「ビーグル号航海記」を出版 1859年 ダーウィン、「種の起源」を出版 1892年 エクアドル政府がガラパゴスの正式名称を「コロン諸島」とする 1900年代初頭 ガラパゴスへの人間の入植が本格的に始まる 1905-06年 カリフォルニア科学アカデミーが学術探検で1年間、調査標本採集を行う 1934年 ガラパゴス最初の動物保護法が制定される 1959年 エクアドルが、居住区を除くガラパゴス全域を国立公園に指定する ユネスコ、国際自然保護連合(IUCN)などの援助により、ガラパゴスの保全を目的とした「チャールズ・ダーウィン財団」が設立される 1964年 チャールズ・ダーウィン財団が、現地にチャールズ・ダーウィン研究所を設置し、本格的な保全活動を始める エクアドル政府とダーウィン財団の間で協定が結ばれる 1968年 エクアドル政府の自然保護官が業務を開始。後のガラパゴス国立公園管理局の基礎となる 1971年 ピンタ島で最後の生き残りのゾウガメを発見。ダーウィン研究所に保護され、「ロンサム・ジョージ」と名付けられる 1978年 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の、世界自然遺産第一号に指定される 1984年 ユネスコの生物圏保護区(MAB)に指定される 1998年 ガラパゴスの生物多様性や環境の保全を謳った「ガラパゴス特別法」制定される 2001年 ...

2. ガラパゴスの旅行・観光情報
ガラパゴスの旅行・観光情報 ガラパゴス旅行 ガラパゴスには、人が居住する4つの島(サンタクルス島、サンクリストバル島、イサベラ島、フロレアナ島)があり、大陸からの飛行機が離発着する空港が2つ(サンタクルス島の隣のバルトラ空港とサンクリストバル空港)あります。 ガラパゴス諸島の総面積のうち、人間の居住区はおよそ3.3%。残り96.7%の保護区には、基本的には観光客も島民も勝手に入ることは許されていません。 ガラパゴス国立公園では、保護区の中に特別に「観光ポイント」というスポットを指定し、条件付きで観光客の上陸を許しています。現在陸上の観光ポイントは70カ所、海上の観光ポイント(主にダイビングやシュノーケリング)は75カ所。全ポイントの総面積は、全体の1%未満ですが、充分にガラパゴスの自然を楽しむことができます。各ポイントはこちらのガラパゴス国立公園の地図で確認できます。 これらの観光ポイントを回るには、ナチュラリスト・ガイドという国家資格を持つ自然ガイドが同行する必要があります。各ポイントは、特色ある生きものを観察できるよう厳選されており、また、人間が生態系に影響を与えないよう常に注意が払われています。ガイドは自然の案内や説明だけでなく、観光客の監視や生態系の変化の観察・報告の役割も果たしています。観光客は国立公園が定める以下の14のルールを必ず守らなければなりません。 ガラパゴス国立公園14のルール 「ガラパゴス国立公園ルール」(原文) ガラパゴス諸島の保全のために、観光客は以下の14のルールを守って観光してください。 1)ガラパゴス国立公園内の保護区に入る際はいかなる場合でも、ガラパゴス国立公園局が許可を与えたナチュラリストガイドを必ず同伴してください。 2)間違った経験をしないよう、ガラパゴスの自然保護区内で営業許可を得ている観光業者を使ってください。 3)皆さんの安全とガラパゴス諸島の唯一無二の自然遺産を守るため、トレイル(白黒模様の杭で示した観光用歩道)内を歩き、いかなる時もこの印に従ってください。 4)動物から少なくとも2mは離れて、彼らの邪魔にならないようにしてください。彼らの場所と自由を尊重してください。 5)ガラパゴスの動物たちは、人間からエサをもらう必要はありません。エサをあげることが彼らの健康を害する可能性があります。 6)動物たちを混乱させないよう、カメラやビデオを撮るときは、フラッシュの使用を避けてください。商業目的のプロの写真・ビデオ撮影には、ガラパゴス国立公園局の許可が必要です。 7)キャンプのための場所があります。希望する場合は、少なくとも48時間前にガラパゴス国立公園局事務所にて、許可の申請をしてください。 8)(生の)食べ物、動物、植物を諸島に持ち込まないのは、あなたの責任です。諸島の空港と港での、査察と検疫にご協力ください。 9)珊瑚や貝殻、溶岩や動物の一部、特有の素材など、禁止されている材料で作られたいかなる生産物やお土産物も、購入しないでください。これは違法活動にあたり、通告されます。 10)諸島には、あなたが存在した痕跡を残してはいけません。代わりに、滞在中の忘れられない思い出と体験をお持ち帰りください。 11)あなたが出したゴミは、適切に廃棄できる場所まで持っていてください。人が居住する街中には、廃棄物管理システムが機能しています。 12)ガラパゴス国立公園内の保護区において、喫煙とキャンプファイヤーへの点火は厳禁です。火事による甚大な被害を引き起こす、深刻な危険があります。 13)釣りは許されていません。ただし、ガラパゴス国立公園局から許可を得た娯楽用の釣り船では、許されています。 14)水上のモータースポーツ、ミニ潜水艦、パラグライダーなど空中スポーツは、ガラパゴス国立公園内では禁止されています。 ※よく質問があるので、付記します。 *明記されていませんが、保護区内の動植物には一切触れてはいけません。許可なく持ち出すことは違法行為です。 *動物から人間に近寄ってくる場合は、ゆっくり離れるか、驚かせないようじっとしていてください。鳥などが肩や手に乗ってきた場合、捕獲しようとしたり、急にはらったり逃げたりして、鳥を驚かせないようにしてください。 ガラパゴスを旅する方法 観光ポイントを回る方法は、大きく分けて二つあります。 一つはクルーズ船に乗って、船上で食事と宿泊をしながら諸島を巡る方法。寝ている間に船が移動するため、移動の負担(待ち時間や船酔い)が比較的少ないです。また遠くの無人島まで行けるため、そこにしかいない生きもの(例:コバネウやアホウドリなど)に出会える確率も高くなります。 クルーズ船は大型で豪華なもの(定員約100名)から、1グループ(16名)用の小型船まであり、それぞれ特色がある。日本の旅行社で申し込むか、エクアドル本土の都市(キト、グアヤキルなど)や現地の旅行社、一部の船会社のサイトでも申し込むことができます。クルーズ船にはガイドも同乗しています。9月は船がドック入りする場合が多く、便が少なくなる。 もう一つの方法は、個人旅行。ガラパゴスまでの航空券を自分でインターネットなどを使って手配し、現地のホテルなどに宿泊しながら、ディツアーを利用して観光ポイントを回ります。 ディツアーは町中の旅行代理店で紹介してもらい、その場で申し込むことができます。1日で行けるポイントは2カ所までなので(クルーズ船も同様)、朝出港、午前1カ所、昼食、午後1カ所、帰島、というコースが一般的です。ガイドも同乗しています。クルーズ船での観光より格段に安く楽しむことができますが、行くことができる島は限られます。 居住区のホテルの質は、豪華リゾートホテルから町中の安宿までピンキリ。前者は予約ができますが、後者は現地に着いてから問い合わせるのもアリです。ハイシーズン(7月〜8月、12月、3月)はクルーズもホテルも予約が取りにくいので要注意。 よくある質問 英語は通じますか? ガラパゴスの町中で話される言語はスペイン語です。観光関係で働く人は英語をしゃべることができる人もいますが、「もっと英語が通じるかと思った」というのが、初めてガラパゴスに行った日本人の大半の方の感想です。 ディツアーの場合、ナチュラリスト・ガイドがスペイン語しかしゃべれない人にあたることがありますので、確認が必要です。個人旅行では、最低でも挨拶程度のスペイン語と、交渉ができる程度の英語力が必要です。クルーズの場合、船のクルーは英語をしゃべりますし、同乗する観光客は欧米の方が多いので、英語さえ分かれば問題ありません。ただし、乗船後、ガイドが話す言語によって(英語、西語、仏語、独語など)グループが分かれる場合がありますので、注意しましょう。日本からのツアーの場合、添乗員の方が通訳をしてくださるでしょう。 ◎観光に、厳しい規則のあるガラパゴスでは、ガイドの言葉が分からないために、知らないうちにルール違反をし、結果的に生態系に負の影響を与えてしまうことがあります。国立公園のルールは予め熟読し、ルールを厳守して観光するよう注意してください。 Wi-Fiやネット環境は? クルーズ船は船によってネット環境が異なりますので、乗る船が決まったら確認してください。最大の町サンタクルス島のプエルトアヨラでは、レストランやホテルなど目抜き通りに面したところではWi-Fiが使えるところが多くあります。大きなホテルではロビーにパソコンがあり、自由にネットが使えるところも多いです。ディクルーズなどの小型船ではネットも電話も使えない場合が多いので、それぞれで確認が必要です。 買い物はできますか? 大型のクルーズ船の船内には売店があり、日用品の他、お土産も買うことができます。サンタクルス島のプエルト=アヨラや、サンクリストバル島のプエルト=バケリソ=モレノには、多くのお土産屋さんの他、商店や小さなスーパーもある。個人旅行ではこのスーパーが重宝するので、着いたら場所をチェックしたいですね。 通貨はドル。紙幣はUSドルと同じだが、硬貨はエクアドルで発行されていて、絵柄が異なる。物価はエクアドル本土よりも高く、特に大通りにあるレストランや高級ホテルは日本とそれほど変わりありません。高額紙幣(50ドル札、100ドル札)は拒否されることもあるので、注意が必要です。 パソコンなどの充電はできますか? 日本と同じ電圧・周波数で、110ボルト・60ヘルツです。プラグの差し込み口も日本と同じなので、日本の電子機器はそのまま使用できます。 気候は?服装で気を付ける点は? ガラパゴスの気候は、1年のうち、12月~4月頃は高温多雨、5月~11月は低温少雨です。しかしどちらも赤道直下の太陽が降りそそぐことに変わりなく、日焼けや寒さ対策に、長袖が必須です。ツアーのコースによっては、溶岩が固まったごつごつした岩の上を歩くことがあり、運動靴や登山靴が必要。ビーチに行ったり、濡れながら上陸したりすることもあるので、サンダルがあれば便利です。 大型クルーズ船では、夜のディナーで改まった格好をする欧米の旅行者も多く、ちょっとした服を持っていくと重宝します。

3. ガラパゴスの書籍情報
ガラパゴスの書籍情報 //

4. ガラパゴス個人旅行
ガラパゴス個人旅行 「ガラパゴスに行きたいけどツアー代が高い…」「個人で自由に旅行してみたい」 ガラパゴス諸島はツアーでないと行かれないと思っていませんか? 実は、個人で訪れることも可能なのです。ガラパゴス諸島には安い宿や現地で予約できるデイツアーも多く、それらを利用すれば旅行会社のツアーよりも安価にガラパゴスを楽しむことができます! 安く自由に!個人でガラパゴス この旅を実行するために必要なこと ①簡単なスペイン語会話能力 個人旅行では通訳に頼れません。お店や宿で英語が通じないことも多いので、現地公用語であるスペイン語で意思疎通を図れることが必要となります。 ②多少の手間とトラブルへの覚悟 安い宿や安いデイツアーを利用すれば、想定外のことは起こり得ます。それを覚悟の上で、臨機応変に対応できる方でないと楽しめないかもしれません…。 航空券はどう手配すればいい? エクスペディア等を利用して個人で手配することもできますが、トラブルがあった際相談ができるよう、ガラパゴスツアーも運営している南米専門の旅行会社に頼んで手配してもらうことをおすすめします。 日本からガラパゴスへは様々な行き方がありますが、南米専門の旅行会社にお願いすればその時期の最安ルートや現地の状況を教えてもらった上で予約することができます。 成田―ガラパゴス諸島の往復航空券の相場は、3000ドル~4000ドル程度です。 エクアドル本土とガラパゴス諸島を結ぶ、国内線Aerogalの機内食。 個人で滞在できる島はあるの? サンタクルス島の港。定期船の出港時刻にはこの桟橋に人が沢山集まります。 サンタクルス島、イサべラ島、サン・クリストバル島は定期船(スピードボート)を利用して個人で訪れることができます。そのため、この3島には宿やレストラン等も充実しています。 定期船のルートは、サンタクルス島⇔イサベラ島、サンタクルス島⇔サン・クリストバル島のふたつで、それぞれ1日1便出航しています。 どれも片道2時間程度、値段は30ドルほどで、チケットはツアーショップやチケット売り場で購入することができます。 イサベラ島⇔サン・クリストバル島の船はないので、このどちらかに行くには必ずサンタクルス島を経由しなければなりません。 宿の予約はどうすればいい? ●エクアドル本土(キト・グアヤキル)の宿 ガラパゴスへ行くには、必ず往路でエクアドルのキトかグアヤキルに一泊が必要となります。そこでの宿は、航空券の予約の際に同時に予約手配をしてもらいましょう。 エクアドル本土の治安は良いとは言えません。安宿に宿泊することは安全上おすすめできないので、旅行会社におすすめの宿を聞いて、多少高めであっても、日没後外出の必要のないレストラン付きのホテルを予約しましょう。 ●ガラパゴス諸島の宿 南米専門旅行会社を通じて予約してもらうこともできますが、この手段で予約できるのは三ツ星以上のホテルのみです。 ガラパゴス諸島には沢山のツーリストクラスの宿があり、素泊まり一泊20ドルほどでフリーWi-Fi、ホットシャワー付というようなところもあります!(同じ値段でWi-Fiもホットシャワーもない宿も多くあります、必ず宿泊前に宿主に確認をしてください。) しかしそういった宿のほとんどはWebサイトを持っておらず、日本から予約することができません…。安宿に泊まるには、現地に着いてから自分の足で探す気力が必要です。 港に着くと宿の看板を抱えた客引きがいることが多いので、そこで交渉して決めるか、港の周りに点在するツアーショップで条件に合う宿を教えてもらうのが主な手段です。事前にインターネットでガラパゴスを旅行したバックパッカーのブログを検索して目ぼしい宿を見つけておき、タクシーを利用して直接訪れてみるのもいいでしょう。 宿は沢山あるので、ぶっつけで行っても「どこも満室で泊まれない!」ということはまずありえませんが、多少リスキーな手段ではあるので、確実に宿泊先を押さえたい方は日本から旅行社を通じて予約を済ませておきましょう。以下にいくつか宿をご紹介します。 ≪サンタクルス島≫ Hotel Galapagos Inn by Casa de Judy  シングル1泊60ドル~ Wi-Fi有(ロビーのみ)、ホットシャワー有、エアコン有、朝食込 Hotel Gardner シングル一泊30ドル Wi-Fi有(ロビー、屋上テラスのみ)、ホットシャワー有、エアコン有、朝食込 ≪イサべラ島≫ La Jungla  シングル1泊15ドル Wi-Fi有(ロビーのみ)、ホットシャワー有、エアコン有 ≪サン・クリストバル島≫ Hotel Northia  シングル1泊20ドル Wi-Fi有、ホットシャワー有、エアコン有 サンタクルス島、Hotel Galapagos Inn。経営ご夫婦はとても親切で、朝食も美味しい。 ...

5. ガラパゴスダイビング
ガラパゴスダイビング ガラパゴスでどのようにしたらダイビングが可能か ①ダイビングクルーズに乗船 日本の旅行社が主催しているツアーもあり、最もポピュラーなダイビングスタイルです。世界的に名高いダイビングポイント、ダーウィンとウォルフへのダイビングはこの手段でのみ行くことが可能です。 参加には日本の旅行社を通して等の事前予約が必要です。大変人気が高くすぐに満席になってしまう為、出発の1年~半年前までには予約を行うことをお勧めします。 およそ一週間をかけてガラパゴス諸島全域のダイビングポイントを巡ることができますが、上級者向けのポイントも含まれる為、参加条件として最低50本以上のダイビング経験が提示されています。 ②現地のダイビングサービスを利用 ガラパゴス諸島のサンタ・クルス島、イサべラ島、サン・クリストバル島にはいくつかのダイビングサービスがあり、毎日日帰り(午前中に島を出発し、夕方までに同島へ戻ってくる)のダイビングツアーを開催しています。 参加には事前予約は必須ではなく、利用客は現地に到着してから直接ダイビングサービスに赴いて申込みをするのが一般的です。時期にもよりますが、前日申込みであっても大抵の場合参加が可能です。 セントラルエリアのみのダイビングに限定されますが、経験本数関係なく参加できるポイントが多く、値段もダイビングクルーズより安価です。 ダイビングをしたら、どのような生物が見られるか ジンベイザメ ハンマーヘッドシャーク ゴールデンカウレイ といった大物から、 ハーレクインラス ガラパゴスガーデンイール パシフィックシーホース ガラパゴスバットフィッシュ といったユニークなものまで、固有種を含め大小様々な多くの魚を見ることができます。 ガラパゴスアシカ ハーレクインラス パシッフィックシーホース ガラパゴスバットフィッシュ ガラパゴスダイビングならではの魅力と注意点 魅力は、何と言ってもその魚影の濃さです。まるで水族館の巨大水槽に潜っているかのような錯覚を覚えるほど多くの魚がひしめきあっています。 上層を泳ぐ巨大な群れによって太陽光が塞がれ、海中が暗くなってしまうことさえあるほどです。 日本ではなかなか遭遇できない大物が、突然目の前に現れることも少なくありません。 人懐こいガラパゴスアシカと泳ぐことができるのも楽しみのひとつでしょう。 生息する魚の約17%、藻類の約35%、サンゴの約30%が固有種という、陸上同様特殊な生態系を持つガラパゴスの海は、世界中のあらゆるダイバーを虜にし続けています。 しかし、ガラパゴスは水温が低く潮流が激しい海域の為、初心者にはあまり向いていません。 水温は一度のダイビング中で5~10℃変化することもある為、最低でも5~7㎜の厚手のウエットスーツとフードベストの着用が望ましいです。 特に、15℃まで水温の下がる6月~10月にダイビングを行う際は、寒がりの方は上記に加えてインナーを着用すると良いでしょう。 潮流はどのポイントでも発生します。流されないように岩などに掴まることを想定して、グローブも厚手のものにすることがお勧めです。 塩分濃度が高いことも特徴なので、潜行の際に戸惑わないように普段よりウエイトは多く身に着けることを推奨します。 固有種、ブラックストライプセイラマの群れ キングエンジェルフィッシュ ブルーアンドゴールドスナッパーの群れ ホワイトチップシャーク メキシカンホグフィッシュ 固有種、ガラパゴスアオウミガメ その他参考URL ●ガラパゴススパニッシュスクールによるガラパゴスダイビングの解説ページ