検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 1 - 7 / 7 件 (0.0050 秒). 検索条件の修正

1. ガラパゴスサポーターになる
ガラパゴスサポーターになる 17世紀頃から、ガラパゴスにはゾウガメや鳥類を捕獲する船乗りたちが多く訪れ、たくさんの生きものが人間の食料となり、生息数を減らしていきました。 また人間の入植に伴って大陸からの外来種(他地域から持ち込まれた生物)がガラパゴス諸島に多く侵入して、生態系の一部を大きく変化させま した。 周囲と隔絶されていたからこそ、地球上でも希少な原生の姿で残ってい た生態系は、人間の存在によって、その一部が壊されてしまったのです。 20世紀半ば、ガラパゴス諸島の保全に立ち上がったのは科学者たちで した。 1959年に設立された国際NGO「チャールズ・ダーウィン財団」と同年設 置されたガラパゴス国立公園管理局により、懸命の研究活動・保全活動が 行われた結果、ゾウガメをはじめ、多くの生物が絶滅を免れました(残念 ながら絶滅してしまった種もあります)。 近年の観光客の増加に伴う経済活動の発展は、外来種による脅威を増大させ、特に目に見えにくい、病原菌などの対策はより複雑かつ専門的になってきており、保全活動は困難を極めています。 また、人間生活におけるゴミ処理問題や、漁業などの一次産業の生態系へ の影響なども問題化しており、今でも多くの支援を必要としている現状が あります。 2007年ユネスコは、島民生活や観光による経済活動の生態系への圧力が 高まっており、その保全策が不十分として、ガラパゴス諸島を「危機遺産 」リストに登録しました。 その後、エクアドル政府が保全に本腰を入れたことから、2010年にはリ ストから外されましたが、外来種などの脅威がなくなった訳ではありません。 では、人間の居住や観光をなくし、研究者や保全関係者のみ力で、ガラパ ゴスは素晴らしい自然を保っていけるのでしょうか? 生態系の保全には、多額の資金が必要です。特にガラパゴスのように広い 面積(沖縄県の3.5倍)、多種多様な生物を有する場所では、人も知恵も協力も多く必要になります。 発展途上国にあるガラパゴスの保全は、観光を中心とする経済活動によっ て成り立っています。 居住者がいなくなれば、観光ができなくなり、観光がなくなれば保全資金がなくなります。 長年住んでいる居住者を、追い出すわけにも、経済活動を禁止するわけにもいきません。 人類共通の財産とされるガラパゴスの自然を維持・保全しつつ、いかに人 間が住み、素晴らしい自然を観察し、科学の知を得られるのか。 持続可能な社会のあり方を、模索し、挑戦しているのが、ガラパゴスの現在の姿で あり、持続可能な社会の構築こそがガラパゴスが目指しているものです。 ガラパゴスの現状は、環境問題を抱える現在の地球の姿と重なります。 ガラパゴスで持続可能な社会が実現すれば、地球環境の保全にとっても役 立つものになるかもしれません。 ガラパゴスの保全に必要なものは、保全のための科学、保全資金、そして島民の協力と教育です。 ガラパゴスの保全科学を担うチャールズ・ダーウィン財団(CDF)の運営資 金は、世界中からの寄附により賄われています。 JAGAも入っているネットワーク「Friends of Galapagos Organizations (ガラパゴス友の会)」は世界10カ国余りに広がり、CDFの活動を支えています。 また、保全活動を長期的に行っていくために、自分たちが住む場所を守ろ うとする島民の育成や子どもたちへの環境教育も、なくてはならないもの です。 JAGAでは、皆さんからいただいた支援金で、CDFの行う保護区の調査研 究や生態系の保全活動の他に、居住区における島民が行うプロジェクトに ついても支援をしています。 ...

2. 支援を行う
支援を行う ガラパゴス諸島への支援にご興味をお持ちいただきありがとうございます。 日本ガラパゴスの会(JAGA)では、多くの皆様に、なるべくご支援を しやすいように、以下のような支援メニューを設けさせていただいております。 ガラパゴスサポーターになる いくつかのサポータメニューからあなたに合ったサポート方法をご選択いただけます。 ガラパゴスサポータになる 現地保全活動に直接寄付をする 直接募金をしていただける方はこちらから。 現地保全活動に直接寄付をする ボランティア(プロボノ)募集 ボランティア(プロボノ)という形で、日本ガラパゴスの会に協力をしてくださる方を募集しております。 ※現在受け入れ準備中です。

3. ガラパゴス支援者(旧サポーターズ)
最強サポーター!JAGA役員 会長:伊藤 秀三(いとう しゅうぞう) ガラパゴスよ、永遠なれ ダーウィンに進化論を着想させ、世界自然遺産第1号の栄光を担いながらも危機遺産となったガラパゴス。しかしなお、そこには汲み出すべき科学知の源泉があり、無垢の自然美が一杯詰まっている。ダーウィン財団/研究所は半世紀にわたって研究調査と保全をすすめ、わが「日本ガラパゴスの会(JAGA)」は設立以来、支援を拡大してきた。危機と保全の現状を正しく知ろう。特異な動植物、無垢な生態系と自然美に感動することは、ガラパゴス保全の21世紀的意味と意義の理解を深めてくれるであろう。JAGAはその機会を、広報と行動で提供しよう。JAGAよ、頑張ろう。ガラパゴスよ、永遠なれ。 略歴など 1932年広島生まれ。理学博士。 1964年、カリフォルニア大学ガラパゴス学術調査団に加わり、ダーウィン研究所落成式にも出席。 1967〜1998年、長崎大学在職中、ダーウィン研を根城に植物/植生調査を進める。 1998年定年退職?現在、ダーウィン研植物部と始めた調査/保全プロジェクトおよびエコツアー影響調査、JICA派遣等で7回渡島。 何度行っても、野生の動物/カツオドリやイグアナなど、菊の大木スカレシアや巨木サボテン、無垢の自然美に興奮し感動する。その保護保全の意味と意義をより深く理解するには、まず現地に行ってみることだ。 著書:「ガラパゴス諸島 新版―進化論のふるさと」(中公新書)、「ガラパゴス諸島―世界遺産 エコツーリズム エルニーニョ」(角川選書)、他。 理事長:小野 幹雄(おの みきお) ガラパゴスの環境保全 今年150周年を迎えるダーウィンの生物進化論に大きな影響を与えたといわれるガラパゴスの生態系には、将来ともぜひ壊されることなく維持されていって欲しいものだが、一方でその自然や動植物を自らの目で確かめたいという多くの人たちが世界に存在する。またそれらの”観光客”を目当てに生活する人たちも集まってくる。最近の統計では観光客は年に15万人、住民は2万5千人という。これらの人間の活動が環境破壊のもとになっていることも事実である。人と自然の共存を図る賢い環境保全が必要だが、その立案と指導にダーウィン研が果たしてきた役割は大きい。JAGAはこのダーウィン研の支援を通じて、ここの自然が正しく護られることに微力を尽くしてゆきたい。 略歴など 1932年東京生まれ。1954年東大理学部生物学科卒。 1959~1995年:東大、都立大助手を経て定年まで都立大教授。 戦後最初のガラパゴス諸島学術調査(1959年、東京水産大)に参加、以後、ガラパゴス、小笠原など海洋島植物の進化、分布を研究。都立大退職後明星大教授(2002年まで)。現在都立大名誉教授。(財)日本自然保護協会評議員。 著書:「孤島の生物たち―ガラパゴスと小笠原」(岩波新書)、広辞苑(植物部門)、牧野新日本植物図鑑(監修代表者)その他。 理事:清水 善和(しみず よしかず) 正しい知識の普及・啓発を 最近、新聞や雑誌で「ガラパゴス化」という言葉を目にするようになった。世界の流れと違う独自の基準を作って 孤立することをいうそうだが、独自の進化の果てに独特の生態系を作り上げた我らがガラパゴスを否定的な例えに用いていて気持ちがよくない。そもそもダーウィンが明らかにした生物進化という事実やそのメカニズムを説明する進化論には、社会的にさまざまな誤解(進化=進歩である、突然変異=進化である、進化論は弱肉強食の理論であるなど)があり、なかなか解消されない。ダーウィン、進化論、ガラパゴスのいずれにとっても記念すべきこの年に、JAGAの一員として正しい知識の普及・啓発に努めたい。 略歴など 駒澤大学総合教育研究部教授。 1976年より“東洋のガラパゴス”小笠原を主な研究フィールドとして、植物や植生の分布、進化、生態の研究をしながら、小笠原の自然の保護・保全活動にも取り組んできた。 1994年の山火事調査で初めて“本家”ガラパゴスを訪れ、1995年には3ヶ月間テント生活をしながら3つの島で3種類のスカレシア林の調査を行った。大洋島の小笠原、ガラパゴス、ハワイなどの事例を比較することで、大洋島における植物の進化や生態の一般性と特殊性(地域性)を探求している。 理事:海津 ゆりえ(かいづ ゆりえ) “保全運動の輪”を広げよう ガラパゴス諸島は紛れもなく世界のエコツーリズムの最先進地です。観光と環境保全、地域社会の持続の実現が果たして可能なのか、その共生の実験場として世界はガラパゴスに注目しています。まずは自然科学者や保全活動家や私たちが奮闘すること、そしてまだ“保全運動の輪”に入っていない人々に知ってもらうことが急務でしょう。エコツーリズム研究と観光教育に携わる身として、ガラパゴスの現状をなるべく正確に把握し、多くの若者や他の研究者に伝えていく役割を務めていきたいと思っています。JAGAの役割は、ガラパゴスの輪の外の人々を内へと引き込むメディアにあるでしょう。わかりやすく参加しやすい方法を開発していきましょう。 略歴など 文教大学国際学部准教授、日本エコツーリズム協会理事。農学博士。西表島、小笠原等国内外でエコツーリズム調査、開発支援等に携わる。 1999年よりPECCエコツーリズム委員(伊藤会長が委員長)として毎年社会調査に訪れる(2004年まで)。 1999〜2000年 ダーウィン研究所研究員、2006年にはJICA専門家として現地女性グループ支援プロジェクトを担当。文教大学、立教大学等で毎年ガラパゴスについて講義を実施している。著書に『日本エコツアー・ガイドブック 』(岩波書店)他。 監事:波形 克則(なみかた かつのり) JAGAの一員である事も保全の一翼 30年に亘るガラパゴスの変遷を見続けていますが、自然の中で共存している人間社会が目まぐるしい変化を遂げてはいるものの、自然が大きく変わっているようには思えません。但し、次世代に残すべきこのガラパゴスの自然が社会の変化に影響される事無く存在する為の方法は数多くの人々の努力と仕事で支えられています。ガラパゴスで直接に関わる人ばかりではなくて、間接的に活動を支援する人も大切です。JAGAの一員である事も十分に保全の一翼を担う活動なので、一人でも多くの人にJAGAに参加して貰えるように活動を支えていきます。 略歴など 大学卒業後旅行業一筋。1978年12月に初めてガラパゴスを訪れて以来ガラパゴスに魅了され、1987年・独立起業、ラテンアメリカ諸国のツアーオペレーターを主業とする株式会社アートツアーを設立、現在に至る。 ガラパゴスの日本語観光資料が極めて希薄だった頃から自らの足で現地に赴いては取材をして現地事情を発信し、ガラパゴスの観光促進には少なからず貢献をしている、自称Mr.ガラパゴスです。私の経験がガラパゴスの魅力を知りたい人に役立てば幸いです。ガラパゴス渡島歴30回超。 理事・事務局担当:西原 弘(にしはら ひろし) メッセージ 会社で言えば、企画・総務・広報・営業・編集・海外事業・新規事業等もろもろを担当、ガラパゴス事情をご説明する際には、「社会科」担当です。 本業の業務のかたわら、「できる範囲でベスト」の精神で事務局業務にあたっております。JAGAの「できる範囲」を広げていくには、「人」がすべて。ボランティアはいつでも大歓迎です!よろしくお願いします。 寄稿コラム 東京ガス ...

4. JAGAへの入会のご案内
JAGAへの入会のご案内 入会と寄付のご案内 日本ガラパゴスの会(JAGA)は、ガラパゴス諸島の保全活動を支援しています。 JAGAの活動、そして現地の保全活動を支えるのがJAGAの会員です。 ガラパゴスに興味のある方、ガラパゴスの自然を守りたいけど何をしたらいいのか分からない方、ガラパゴスに行ってきたよ!という方、生態系保全や環境教育に興味のある方等々、JAGAと一緒にガラパゴスの未来を考えてみませんか? JAGA会員になりますと、特典として年2回発行のガラパゴス情報満載の当会会報(JAGA NEWS)やガラパゴス関連イベントの案内をお送りします。またメールでのガラパゴス最新情報の配信やイベントへの招待や優待などのサービスも受けられます。 ご寄付をご希望の方は、下記の「振込先」にご入金ください。 「ゾウガメの繁殖プロジェクトに使って」など、具体的なご要望がある場合は、お振り込み後、事務局[リンク]までご連絡ください。 現在のところ、皆さまからのご寄付は、1000ドル単位でまとめ、ほぼ全額を、当会よりダーウィン研究所に送金しています。 会員の種別と特典 正会員 * (個人のみ) 協力会員 (個人) 協力会員 (団体) 学生会員 入会金 3,000円 年会費 (注) 5,000円 一口5,000円 一口50,000円 3,000円 総会 議決権あり 会報 年2号発行・配布 年2号発行・配布 年2号発行・配布 年2号発行・配布 Emailでの情報提供 あり(随時) あり(随時) あり(随時) あり(随時) イベント等への優待 あり あり あり あり カレンダーの配布 あり あり あり あり (注)本会の年度は毎年7月1日〜翌年6月31日です。 ...

5. 現地保全活動に寄付をする
現地保全プロジェクトへの支援(寄附)について チャールズ・ダーウィン財団の行っている現地保全事業への直接の支援(お金の寄附)については、チャールズ・ダーウィン財団のホームページからクレジットカードで直接寄附をすることができます。 また、JAGAでは、皆さまから頂いたご寄附で、チャールズ・ダーウィン財団(研究所)の行っている現地での保全活動を支援しています。(これまでのJAGAを通した支援額は2800万円を超えました(2018年2月現在)。 この場を借りて、御礼申し上げます。) 主に、劣化した高地の植生再生(植樹と外来植物の駆除)や、海鳥(ペンギン、コバネウ、アホウドリ)の生態調査、子どもたちへの環境教育などに使われています。 ご寄付振込先 ■ 三井住友銀行 渋谷駅前支店(普通)3719220 ■ みずほ銀行 青山支店 (普通)1696260 ■ ゆうちょ銀行振替口座 00160-3-704627 ■ ジャパンネット銀行 本店(001) (普)3831887 【口座名】特定非営利活動法人日本ガラパゴスの会 (カタカナ名:トクヒ)ニツポンガラパゴスノカイ) ◎ご送金後、当会事務局(info@j-galapagos.org)にご氏名とご住所をお知らせください。御礼の品(ガラパゴスカレンダー)を進呈いたします。 ◎口座への振込手数料は、寄付者の方でご負担くださいますようお願い申し上げます。 ◎領収証などが必要な場合は、事務局までご連絡ください。

6. ガラパゴスサポーター申込
ガラパゴスサポーター申込 サポーター制度について JAGAでは、ガラパゴス諸島の自然を守ることに賛同し、現地の保全プロジェクトを支援してくださる「ガラパゴスサポーター」を募集しています。 「ガラパゴスサポーター」の種類は、以下の5つです。 ゾウガメ・サポーター 10,950円/年(30円/日) イグアナ・サポーター 7,300円/年(20円/日) フィンチ・サポーター 3,650円/年(10円/日) フォト・サポーター 1,500円/年+ガラパゴスの動物写真5枚 キッズ・サポーター(中学生以下) 1,500円/年 サポーターお申し込みは、以下のフォームから受け付けております。 あらかじめ個人情報保護指針(プライバシーポリシー)にご同意のうえ、 以下のフォームより必要事項を入力、送信してください。 サポーター特典 ※全サポーター共通です。 ・ガラパゴスカレンダー1部進呈(毎年11月以降送付) ・保全プロジェクトの活動および収支報告(メール、またはインターネット経由) ・メールマガジンの登録 ・JAGA会報(年2回発行)の閲覧(インターネット経由) よくある質問 Q.どのようなプロジェクトに支援(資金提供)をするのですか? A.いただいた「支援金」は、手数料や経費等を除いた額(およそ80%)を、当会と協力協定を結んでいるチャールズ・ダーウィン財団が運営するチャールズ・ダーウィン研究所の保全事業に使ってもらうよう送金します。ダーウィン財団も非営利の国際NGOで、保全を目的とした活動以外に資金が使われることはありません(本部のあるベルギーの法律に則った監査を毎年受けています)。JAGAの事務局には1名、ダーウィン財団のボランティアスタッフがおり、情報交換を密にしています。 ダーウィン研究所の保全プロジェクトは、その年の気候や生態系の状態によって、優先度の高いものから行われます。現在(2014年-2015年)は、絶滅が危ぶまれるマングローブフィンチとフロレアナマネシツグミの域外(人工)繁殖事業や、外来種の寄生バエ「フィロニス・ダウンジ」の駆除方法の開発、エルニーニョ現象による気候変動の影響調査などが優先的に行われています。皆さまから頂く支援金のような、使途を限定しない資金は、危急のプロジェクトや、緊急性はないが優先度が高いもの(環境教育など)に主体的に使うことができるため、研究所にとっては非常に有り難いものです。 皆さんへの活動や成果の報告は、ダーウィン財団からJAGAに送られてくるものを翻訳してお送りします。年に1回はJAGAスタッフが現地に視察に行き、事業が適切に行われているか確認もします。JAGAの収支決算については、毎年ホームページ上に掲載すると共に、NPOの認証を受けている東京都へも提出し、オープンにしていますので、ご覧ください。 Q.「ゾウガメ・サポーター」はゾウガメの保全プロジェクトを支援するのですか? A.金額によりサポーターを分けただけで、名前と保全プロジェクトに関連性はありません。 ゾウガメが一番大きくて、イグアナはその次、そしてフィンチは小さいですが、ガラパゴスでの存在感は、それぞれ、独特です。 皆さんからの支援も、金額の多寡以上に、お一人お一人の独特なガラパゴスへの思いを形にできればと思っています。 Q.「サポーター」と「会員」は何が違うのですか? A.会員制度は、JAGAの運営と活動全般を支援するものです。会員の方からの会費で、JAGAの管理費などを賄っています。JAGAを運営する資金がなければ、保全を支援する活動もできませんので、会員の方の支援があって、会を維持することができます。 正会員は、JAGAの運営方針を決める総会の議決権を持っていますので、もし運営に対して意見や意向があれば、議決権で意思表示ができます。 サポーターは、より現地の保全に重点的に支援をしたい、という方に向いています。 現地に直接寄附をされたい方は、こちらのページをご覧ください。 サポーター申し込みフォーム サポーターお申し込みは、以下のフォームから受け付けております。 あらかじめ個人情報保護指針(プライバシーポリシー)にご同意のうえ、 以下のフォームより必要事項を入力、送信してください。

7. ボランティア(プロボノ)募集
ボランティア(プロボノ)募集 現在準備中です。